管理費削減業務

 管理委託費+修繕積立金+駐車場、バイク置き場使用料=管理費です。管理委託費削減が皆様が支払っている管理費の削減に繋がる事は当然です。

 管理委託契約更新時相見積を取得していますか?管理会社任せの見積で委託契約を更新していませんか?
 管理委託契約期間は特に定めがありません。以前は、2年契約が多く現在は1年契約を締結している管理組合が多いようです。管理が永久継続される時代は完全に終わっています。

 管理委託費削減のポイントは、ただ安ければよいという事ではなく業務内容を管理組合でしっかり把握する事です。全て管理会社任せにするのであれば他の管理会社より同様の内容で見積を取得し比較するのも一手でしょう。業務内容によっては、管理組合直接契約もできる内容も含まれています。(例:エレベータ保守点検・清掃・機械式駐車場保守点検等)管理組合で出来る事は管理組合で行うことも管理委託費削減の一つです。

 他社と見積を比較しただ安いだけで決めるのは、得策ではありません。受注時は、当然良い事をいうに決まっています。実際やってみたらずいぶん違うということもあります。

 10年以上他の管理会社との比較を一切していない管理組合様は、いますぐ相見積を取得して下さい。間違いなく安くなります。

 管理会社にロイヤルカスタマー(良い顧客=管理会社は高利益を取れる)と言われないよう注意して下さい。

【管理会社変更の手順】
●ステップ1⇒
 見積を取得する管理会社を探す。
 管理会社も色々あります。どの管理会社が皆様の管理組合にあっているか確認する事が必要です。(例:資本金・管理実績等)
 ホームページや業界新聞で公募する等があります。

●ステップ2⇒
 管理委託業務内容(仕様)を見直し、依頼する業務内容を決める。
 現在委託している管理委託業務書を利用する事が出来ます。

●ステップ3⇒
 見積依頼。
 各社より見積書が提出されます。

●ステップ4⇒
 数社に絞り、面談を行う。

●ステップ5⇒
 内定業者決定。
 現在の管理会社へ解約通知。

●ステップ6⇒
 総会承認。



★管理委託契約更新時の管理委託費の査定★
★他の管理会社の見積取得方法等のお手伝いを致します。★



お問い合わせはお気軽に!
相談はいつでも無料です!

    メールのお問い合わせ
    相談無料

マンション管理相談室

    事務所外観

よくある相談ベスト10

    よくある質問