代表取締役 中村欽一よりご挨拶

中村欽一  皆様はじめまして。
 株式会社中村マンション管理士事務所 代表取締役の中村 欽一です。
 この度は当サイトをご訪問頂き誠に有難うございます。

 私は、この道25年マンション管理業界に携わってきました。23年間大手管理会社その後、設計事務所に勤務し、その間約1000管理組合と関わりを持ち又理事会・総会・修繕委員会等の出席も5000を超す経験があります。主な業務は、大規模修繕工事をメインに管理組合運営の御手伝いの経験があります。おくまで御手伝いです。管理組合運営の主体は、理事会であり管理会社・設計事務所担当の立場は、管理組合運営が円滑に遂行できる様提案・助言する事が仕事として考え勤めてまいりました。その後マンション管理士事務所を開設し現在に至っています。

 マンション管理業界に携わる人間は、本人もマンションに住み実際のマンション管理の現状について知らなければ御客様(管理組合)の立場になってアドバイスも出来ないと考え700戸のマンションに住み、新築時より専門委員会委員長として管理組合活動を行っています。これは、車の営業マンが自社の車に乗る事と一緒です。自宅マンションでは、管理会社変更・規約改正・機械式駐車場(600台)撤去自走式駐車場建設【関連セミナー】(弊社代表が資料作成、説明者として参加しています【資料】)・大規模修繕工事等管理組合の大型プロジェクトを成功させてきました。

 マンション管理士は、コンサルタントでありコンサルティング業務を行う個人・法人です。コンサルティングとは、企業であれば最終的に、提案により業務の効率化(改善)を図り収益を向上させる事ですが、マンション管理では少し違ってきます。マンションの場合収益は関係ありません。対象が管理組合(全区分所有者)の理解であり、おのおののマンションの『各種問題の相談に対応し、解決策の提案・助言・援助』を行い資産価値の向上・より良い住環境の整備の御手伝いをする事が求められます、いかに、良い提案でも、管理組合(全区分所有者)全員の理解を得る事は難しい事ですが、出来る限り皆様に理解を得、事業を進めて行くかが重要になります。

 私が考えるマンション管理士は、『マンション管理のプロフェッショナル』の立場での自覚を持って対応する事が大切と考えます。専門的な知識(専門医的立場)は当たり前であり、『情報の開示方法・説明能力・全員参加の方向性への導き等』の個人のスキルが重要であり、経験(対応力)が必要と思っています。

 最後に、マンション管理士としての私の「信条」はこれら経験・考えから『管理組合は、一種の生命体であり個々特有の個性がある組織である事から、おのおのの問題を適切に把握し最善のアドバイスを行い、成功へと導くプロである。』という事です。

 実績・経験は勿論『笑顔で対応』『聞く耳』『迅速に行動』『最善のアドバイス』をモットーで頑張って行きたいと思っています。

 何卒宜しくお願い申し上げます。  

以上



代表取締役 プロフィール

氏 名 中村 欽一(ナカムラ キンイチ)
生年月日 1960(昭和35)年
出身地/現住所 神奈川県横浜市/神奈川県横須賀市
最終学歴 関東学院大学 卒業
経  歴 大学卒業後住宅メーカー勤務後
・管理会社勤務(23年間)
・設計事務所勤務(2年間)
保有資格 ・マンション管理士
・管理業務主任者
・宅地建物取引士
・マンション維持修繕技術者
・日商簿記3級
所属団体 ・NPO横浜マンション管理組合ネットワーク
・一般社団法人 神奈川県マンション管理士会
・横浜市マンション・アドバイザー(№64)
・横浜市マンション管理組合サポートセンター(中区担当)
加入保険 ・マンション管理士賠償責任保険(Aタイプ)

お問い合わせはお気軽に!
相談はいつでも無料です!

    メールのお問い合わせ
    相談無料

マンション管理相談室

    事務所外観

よくある相談ベスト10

    よくある質問