その他業務


【各種規約策定業務】
 マンションの管理規約は、『最高自治規範』です。難しいかもしれませんが、マンション内の法律と考えて下さい。しかし、勝手に作成してはいけません。マンション法の根源である「建物の区分所有等に関する法律」(区分所有法)及び「マンションの管理の適正化に関する法律」(マンション適正化法)・「同指針」に則り作成しなれば、法に反すると云う事で無効になります。

 管理規約を作成するベースは、国交省が作成した「マンション標準管理規約」がありますがそのまま使用しても問題ありませんが、マンションにはそれぞれの実態(慣例等)がありますので個々に合った規約を作成する事が必要です。  平成28年3月14日には、「マンションの管理の適正化に関する指針」「マンション標準管理規約」が一部改正になりました。
管理組合運営は、ルール(規約・細則)が必要です。ペット・駐車場・専有部分リフォーム等適切な規約がなければトラブル発生の原因となります。
 ルール作りが、住民の良好なコミュニケーションの基となります。

【機械式駐車場維持保全業務】
 現在機械式駐車場は、空き問題・維持保全費用などで色々問題になっています。私は自宅マンションの経験を基により良い維持・保全計画のお手伝いをします。
 又、他のマンションよりも駐車場問題の相談を数多く受け付けています。

【顧問契約】
 「マンション標準管理規約」が改正され、外部専門家(マンション管理士等)も理事・理事長として活用する事も可能となりました。理由としては、理事のなり手がない・修繕委員会を発足してもなり手がない管理組合をサポートする為です。

 顧問契約とは、理事会・専門委員会をサポートもしくはそのメンバーになり管理組合活動のお手伝いする業務です。必要に応じて、支援をする事で管理組合の事業の成功にお役にたてる顧問活動をお約束します。





★その他管理組合の事なら何でもご相談下さい!★





無料相談

お問い合わせはお気軽に!
相談はいつでも無料です!

    メールのお問い合わせ
    相談無料

マンション管理相談室

    事務所外観

よくある相談ベスト10

    よくある質問